メールマガジンお申込み

税理士の見直しを検討の方

税理士を見直す際に大切なことは、税理士事務所に求めるものが「何か」ということです。

申告だけをお願いしたいのに、毎月訪問型の事務所にお願いすることはコスト面で折り合いがつかないでしょう。
その逆も同じで、毎月きちんと数字を把握したいのに申告することだけがメインの事務所と顧問契約しても、御社の期待に応えてもらうのは難しいでしょう。

今の税理士さんを決める際に、いくつか決め手があったと思います。
『相性が合う』・『銀行、知り合いからの紹介』・『パソコンが得意』・『事務所が近い』
など、その事務所を選んだ理由があったはずです。

今現在、何が不満で、その税理士事務所を替えたいと思ったのでしょうか?
税理士事務所を替える前に、その理由をしっかりと把握するようにしてください。

当事務所に、相談があったケースでは、次のようなケースがありました。

・毎月誰も来てくれないのに、顧問料だけが高い

・横柄な態度で、相談にのってくれるような雰囲気では

 ない
・業績報告もなく、事務所が何の仕事をしているかわか

 らない

・いつ連絡しても、連絡が取れない
・申告期限の少し前にしか納税額を知らせてくれない
・担当者は良い人だが、頼りがいがなく相談相手になら

 ない

 等々

古くからある税理士事務所では、仕事のガラパゴス化により、未だに手書きの伝票や帳簿を作成しているところもあります。また、お客様からの苦情が無いのをいいことに、昔ながらの高い顧問料のまま、相談にものってくれず、決算申告作業だけに終始している事務所もあります。さらに、納付期限の直前に納税額の連絡をするような事務所もあります。
私どもの事務所には、そういった昔ながらのセンセイ稼業の体質から抜け出せない税理士さんに、不満を抱き、愛想を尽かした結果、相談に来られる方がいらっしゃいます。

顧問解除の話を切り出しにくいという理由で、顧問契約を続けていませんか?

昔からのお付き合いで、顧問解除の話を切り出すことが難しく、長い間我慢をしている方も見受けられます。
また、今の税理士が両親世代の税理士で、なんとなく馬が合わないが、お世話になった等の理由で顧問契約を続けている方もいます。
顧問契約を解除するということは、相当の勇気と気力が要ります。
出来ればあまりしたくはないことですから、事務所のサービス内容が変わってくれればと、長い間我慢してしまうのでしょう。
しかし、その思いも通じぬままというケースが大半ではないでしょうか。

税理士事務所に求めることが変われば、事務所を変えることが一番の方法です。

まずは、ご自分の求めているサービスを納得のいく価格で提供している税理士事務所があるか、気になった事務所の話を聞いてみるのが一番です。
お知り合いの事業者さんから、税理士さんの情報を聞くのもありでしょう。
今の税理士事務所に、たとえ不満があったとしても、いきなり顧問契約を破棄するのではなく、先に自分の求めるものを提供する税理事務所を探しておいた方が失敗は少ないと考えます。
また、今の事務所との「顧問契約書」を結んでいる場合は、その契約期間や契約解除についての条項も確認しておいた方がいいでしょう。
後から、思わぬトラブルにならないように、細心の注意が必要です。

角南会計労務事務所では、いつでも新規の顧問先を募集しています。

口が堅い税理士でございますので、お客様の個人情報は確実に守られます。
しつこい営業も苦手なので、不快な電話営業やメールの配信などはいたしません。
お気軽にお問合せください。